04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

言葉言葉言葉―憎悪なき人とは何者か 

憎惡は、何も生み出さないとは、巷で良く聞く言葉である。
私は、この言葉に同意できない。何故ならば、憎惡はその人を行動に驅立てずには居られない力を發してゐる事は、火を見るよりも明らかである。生命といふものを活動を通した力の發生と見做せば、憎惡の産出す力はまさに厖大と言へよう。

生命の活動の觀點から見れば、むしろ只今の巷の意見に容易く同意する總ての人は、生命力自體そのものが衰頽してゐるのではないかと考へてゐる。生命力が衰へて、何事も億劫になり怠惰になつた人の、あさはかな見榮なのではないかと、私は考へてゐるのである。

怠惰な人間は、如何に生きるべきかといふ事を只管囘避することに沒頭するしかない。しかし人間は自惚れだけは捨てることが出來ない厄介な生物なので、自らの行爲を正當化しようと常に目論むのである。それが只今だと價値相對主義とか虚無主義とかを持出して、好い氣になつて恰好附けてゐる次第なのではないかと考へてゐるのである。

さうした生命力が缺けてゐる人が、世間の同意を得たいといふ要求だけは貪欲で、強さを求めようとして徒黨を組むことに沒頭してゐるのである。私が物心ついてもう數十年にもなる。その中で如何に徒黨を組むことに沒頭する人の多さを見るにつけ、私は日本では個々人の力は、相當に衰弱したのだと思はずにはゐられないのである。

テーマ: 徒然なるままに…

ジャンル: ブログ

[edit]

言葉言葉言葉 (戰爭と反省) 

久方振りにこちらを更新する。
どうもSNSといふのは、過去の記事を取り出すのが難しいと分つたので、
こちらに徒然にまとめた内容を不定期に更新することにする。

私は福田恆存の「端的に言へば、大東亞戰爭は罪惡ではなく、失敗だつたのである。(中略)若しあの戰爭を惡とする綺麗事にいつまでも固執するなら、その必然的結果として、それを善に高めようとする居直りを生じるであらふ。」に同意してゐる。

先の戰爭の罪惡視といふものは、日本では、先づ初めに自らは先に罪惡を認めた、優れたる先達者として、他の人々を説教をする人士が横行した。そして、その反撥である居直りも、善に與する吾身として、他の人々に説教をする人士となつた。この兩者の動きは、表看板以外は良く似てゐる。

戰爭を罪惡と見なければならないと言ふ總ての人は、自分以外の赤の他人に罪惡なるものを見出し、罪惡を裁く裁判屋に成下るのである。そして罪惡の認定に從はない人間を、まるで水戸黄門の印籠に平伏しない役者の如く、平伏しないのはけしからんと罵倒し、八百長行爲をしろと強制するのである。

かうした茶の間の正義は、ただ周りが怒れと云ふと怒つた振りをするだけで、番組が變はれば途端に忘れて、いつもの生活に戻つていくだけである。そんな正義とやらは緞帖芝居よりも劣る代物である。そんな芝居に附き合はされる迷惑くらゐ辯えない手合に限つて、赤の他人に反省しろと嘯くのには閉口する。

それどころか反省しろなどと赤の他人に威張る人までゐる。しかし反省といふ奴は、自分以外ではどうにもならない外部の基準を前提としてゐる。その外部の基準と比較して、自らの行爲を正すことが出來るのである。現代の殆ど總ての人は、相對主義やらを持て囃し、共通の價値も外部の基準も拒否してゐる。それで反省などと笑止である。

さうした反省などは、總て紛物である。その目的は、せいぜい相手を己の思ひ通りにする遣口に過ぎない。

私が戰爭を罪惡と見るべきだといふ見方に反對なのは、かうした八百長を心を込めて行へなどと命令する權利が、たかが人間如きにあるとは考へてゐないからである。

テーマ: 徒然なるままに…

ジャンル: ブログ

[edit]

或る偏屈漢の異見(顏の無い人間)  

 基準だの主義などと云ふ言葉を看板にして意見を吐く人を見かけるが、そんな基準やら主義やらよりも福田恆存が述べたごとく、今の人に大事なのは人格の分裂にもつと注意を拂ふ必要があると考へるのである。その場限りの辻褄合はせの論理を吐く人がゐるが、時系列でその人間の意見を見ると無殘な支離滅裂を晒す人が如何に多いかを、年を經るごとにこの目でみてしまふ機會が増えていくからである。智識人とかインテリとかは、中途半端に頭が良いから確かにその場だけは取繕ふことはする、尤もその遣口といへば、肝腎要の問題には一切答へないで言を左右にする發言を延々とするのが特徴なのだから文字通り話に成らないのである。

 ある御仁はいつもは如何に日本の官僚が出鱈目ばかりを行ひ、經濟には官僚が關はると惡しきことしか行はないと言つてゐた人物が、世が東京電力憎しの風潮に成ると送電一括國有會社をつくれば良いと突然言ひだして、普段の官僚經濟介入反對とどう整合するかと質問すると、何故かその國有會社は「惡しきことを行はない筈だ」と云ふ何の根據無くそのやうなことを聞かされる。

 また別の御仁は自由主義とか個人の意志が大事と普段述べてゐるが、死刑の遺言制度などを提唱すると、何故か死刑反對と死刑實施の遺言の意志表示になると、A(死刑實施)とB(死刑反對)を殺害したCに對する量刑にたいしてAとBの遺族の話合ひが始まるといふ、死刑反對の意志表示が死刑實施の意志表示よりも重くなる(BがAに口出し可能なのは論理上さうとしかならない)と述べて、自由や個人の意思よりも重い價値があるとしか思へないやうな言葉を聞かされる。

 かうした人間は一體全體何を考へて言葉を使つてゐるのであらふか、その場限りで何とでも出來るやうに思ひ込んで言葉を弄んで、本當に何も己に影響がないと思つてゐるのであらふか、そのやうな人間の末路は繪葉書に映された油繪のやうに陰翳の無い「のつぺらぼう」に成り果てる程に、殘酷な復讐を己の人格にされることに氣附いてゐない。そしてさうなつた時にはもうその人間の述べる主義や信念や主張やら意見などは、祭りの夜店に竝ぶやうな安つぽい流行物のお面程度の代物にしかならなくなる。その安つぽさに自他ともに眞面目に附き合ふことが不可能になつてしまふ。

 その状態に陷つた人間は何をしでかすかと言へば、おとなしくすることはせずに、必ずと云ふほど道連れを増やさうとする。自分だけがそのやうな状態にゐるのが耐へられないからである。そのため彼等は一見正義の士であり、憂國の士であり、また惡に立ち向かはんとする勇士であり、自己犠牲溢れる愛他の士といふ振舞をするが、その内容は過去から全體を眺めてみると支離滅裂で、對象を攻撃出來れば主義主張などおかまいなしの態度をとつてゐるのである。先づ己を大事にする人は、このやうな人間にだけは近附いてはいけないと私は考へるのである。己を粗略に扱ふ人間が、どうして赤の他人を粗略に扱はずにゐられやうか、その手の人物は己の欲望に爲には、他人を平然と犠牲にするのを躊躇はないのである。

テーマ: 徒然なるままに…

ジャンル: ブログ

[edit]

読書録其の35(人間は戰爭を捨てられない)  

書名:戰爭は無くならない
著者:松原正
出版社:地球社
価格:金2,100円
刊行年:昭和62年4月20日 二刷
(※)は私注

 今囘の讀書紹介はこちらの本となる。兔角日本に於てはこの手の話題は平和萬歳主義者であれ自稱現實主義者であれ思考停止しがちな戰爭について人間がどのやうに扱つてゐるかを正面から論じた著作である。いつもの通りであるが私が興味を抱いた箇所を紹介してゆくことにする。

・とまれ、防衞について語る段になると、保革の別無く、識者は必ずと言つてよいくらゐ「平和はよい事に決まつてゐるが」云々と言ふ。だが、平和はよい事に決まつてはゐない。二千八百年昔のアッシリア時代からこのかた、軍縮會議が實を結んだ例しは無いが、それはつまり二千八百年もの間、人間が平和を「よい事に決まつてゐる」とは考へなかつたといふ事である。そしてそれが何とも愚かな所業であつたとしても、二千八百年も愚かだつた人間が、どうしてこの先賢くなるであらうかと、「正氣の人間ならば」さう考へるのがたうぜんではあるまいか。(P.8)

 「平和はよい事に決まつてゐるが」と言ふのは、己の「平和」と云ふ言葉に樣々な意匠を施した、浪漫溢れる觀念としての平和を全く疑つた事がない怠慢に他ならないのであらふ。

・では、人間をして人間たらしめてゐるものとは何か。「正義とは何か」と常に問はざるをえぬといふ事、そして、おのれが正義と信ずるものの爲に損得を忘れて不正義と戰ひたがるといふ事である。(※中略)それゆゑ、人間が萬一、いかなる場合にも戰爭をやらぬといふ事になつたら、その時、人間は正邪善惡の別を全く氣に懸けぬ動物に墮してゐる事であらふ。(※中略)だが、人間は動物と異り、名譽だの眞理だの正義だのを氣にせずにはゐられない。それゆゑ人間は動植物や無機物よりも優れてゐるのだと、さういふ事が私は言ひたいのではない。正義を氣にせずにはゐられぬといふ人間の特質ゆゑに、人間だけが同類を殺すのだといふ事が言ひたいのである。(PP.14~16)

 私はこの意見に全く同意である。そして何故クラウゼヴィッツが戰爭論に於て個人間の決鬪を以て戰爭の本質を説いたのかも漸く理解することが出來たのである。人間が不正義には我慢など出來ぬといふことを、そして、その結果がどんなに暗澹たるものであるとしても人間が戰爭を手放す事が出來ないといふことを、あの知性勇氣感情の三位一體として表現したと云ふことをである。

・だが、捕へた鼠を猫が弄ぶ場合、猫は鼠の恐怖を想像して樂しむ譯ではないが、甚だ厄介な事に、人間の場合は相手の苦しみを想像しうるがゆゑに、相手を苦しめて樂しむといふ事がある。他人の不幸を樂しむ、それは人間の性なのであり、人間ほど殘忍な動物は無い。論より證據、どんな同情心の篤い人でも、いや同情心の篤い人ほど、例へばアウシュビッツにおける殘虐行爲の記録を讀み、許し難きナチスの非人道的蠻行に憤慨すれば、アンソニー・ストーが言つてゐる樣に、「他人に拷問を加へてゐる者たちに、彼等がしてゐるのと同じ刑罰を加へてやりたい」と、吾を忘れて口走りたくなるのである。(P.33)

 普段は正義の危險やら相對性など説いた人士でも、この手の殘忍さを發揮しないといふ人間はゐないと私は見てゐる、この一年程度ですら遙か遠くの小學校の集團暴行の理不盡を述べる人も、東京電力の「惡」なるものを糺彈する人士も、この手の殘忍なる欲求を口走る姿は何處にでも見られたものだからである。

・要するに、無暴力を標榜する平和主義者は、「讓歩してはならない」とか「許されない」とかいふ類の大見得を斷じて切つてはならないのである。平和主義者は常にかう言ふしかない、「正邪善惡なんぞどうでもよい、自分は他人の言動をすべてを認め、いかなる虐待をも甘受する、それゆゑどうか私に構はず放つておいて貰ひたい、私は長生きをしたい、私の娘にしても、ソ連兵の妾になつてもよい、せいぜい長生きして欲しいのだ」。(P.53)

・「最も正しい」戦争さへ憎悪するのだから、正邪善悪の別は問はない訳である。それなら、正からうが正しくなからうが、他国の、或いは他人の、言動の一切を承認せねばならぬ筈である。しかるに愚鈍なる平和主義者は、矛盾を矛盾と感じないから、そしてまた、人間誰しも良い恰好したがるものだから、おのれが不正と見做す事柄について、うかと「許されない」などと書いてしまふ。或いはおのれが正しいと信ずる事柄について、つい「せねばならぬ」などと書いてしまふ。(P.56)

 主義とは何かと考へれば、ある考へ方に一つしかない己の命を懸ける態度に他ならないものであらふ。それ故に「平和主義」と云ふ言葉はナンセンスにしかならない、すべての考へ方よりも己の命を優先する態度から主義など生じないからである。若しそれが成立つなどと考へてゐるのなら、それは平和といふ言葉に中島敦の言ふお洒落烏のやうな細工を施してゐるか、鵺のやうな觀念の化物を扱ふのに無頓着なだけなのであらふ。

・要するに、正義とは何かといふ問ひくらゐ厄介な問ひは無いといふ事なのだが、この難問に挑んで先哲が悉く挫折したのは、力こそ正義であるといふ事を、即ち「戰爭で勝つのは正しい者ではなくて強い者だ」といふ事を、どうしてもそのまま認める氣に成れなかつたからである。(P.75)

 何故に認める氣になれないか、それは人が正邪善惡を氣にしなければ生きて行けない本性を持つためである。それが無くなれば人間は忽ち人間以外の存在に成り果てるしかないからに他ならないのである。

・即ち死は吾々にとつて「最大の善きもの」かも知れないのだが、吾々は皆、死が「最惡のもの」であるかの如く思ひ込み、死者を哀れみ、死神を恐れるものであつて、それは「知らない事を知つてゐると思ふ事」に他ならず、まことに嗤ふべき迷信ではないかと、ソクラテスは考へた。知らぬ事を知つてゐるかの如く思ひ込むのは知的怠惰である。死に關する知的怠惰は致し方が無いとしても、吾々は死を恐れるが如くに侵掠戰爭を恐れてゐる。(P.85)

 欧州中世の贖宥状を売り出した聖職者を非難し、我国の一向宗の極楽浄土を迷信と非難する人間は掃いて捨てる程ゐる。しかし不可思議な事に、彼等は現代でも全く不分明な死を、まるでわかりきつた如く断ずる杜撰な平和主義者達を全く非難出来ない有様をみれば、昔の人間を迷信に取りつかれた人間などど言ふのが如何に思い上りの最たるものかと理解できる。

・弱者は衆を恃み、平等に所有する事こそ正義だと主張し、法律や習慣の力を借りて強者を縛らうとしてゐる、だが、強者は常に、ピンダロスの詩にもあるとほり、「非道の限りをなしつつも、至高の腕力によつて、非道を正義に」するであらう、さうカリクレスは言ふ。(※中略)強者は常に「自分の利益になると思つた事柄」をなすのであり、「実際に利益になるかならぬかは問ふことろではない」のである。(P.113)

 日本に於て現實主義だらうが、平和主義だらうが矢鱈に目につくのは、勝手に自分の言ふ利害得失なるものを論じて、その最後に「したがつて相手は損な事はしない」などと斷言する。相手をまるで己の傀儡とでも言ひたげな獨善を表明すること自體が、如何に思考怠惰に陷つてゐるかを無殘にも晒してしまつてゐる。

・人間とは何と厄介な生き物であらふか。ベルジャエフが『人間の運命』に書いてゐる樣に、人間は道徳的義務に忠實たらんとして却つて殘酷になるのであり、さういふ殘酷を失ふときは、嚴しい道徳的感情をも失つてしまふ。(※中略)人間は殘忍であつてはならないと、吾々は氣安く言ふが、宗教的であらふとしても、道徳的であらふとしても、人間は殘酷にならざるをえないのである。(P.131)

 人間は常にこの厄介な性質を抱へてゐるのを承知しておかないと、自分の中にある殘酷さを直視出來なくなり、自己欺瞞に陷るしかない、その場合に人間が何をしでかすかと言へば、相手を無價値のものと見做し、徒黨を組んで陰慘な私刑にするのが常態となるであらふ。

 本書は人間と戰爭に就いての極論である。それ故に問ひは眞摯なものである。その問ひかけに眞向から受止める氣が少しでもあれば本書は裨益することがあるであらふ。若し小手先の防衞論議をしたいなら、本書は全く役に立たないし時間の無駄に終ることもまた事實である。

テーマ: 読了本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

或る偏屈漢の異見(雄大は杜撰に非ず) 

 先日の事、ある會合で戰略論なるものを聞いてゐた時のことである。色々な話を聞きながら最後の方になり或る發表者が、維新から日露戰爭、大東亜戦争時、戰後の冷戰時代を「軍事重視と經濟重視」、「同盟重視と獨立重視」、「大國指向と小國指向」といふ要素を組み合はせてそれぞれの状況を説明してゐた。その人は結論として、今後の日本は軍事と經濟、同盟と獨立、そして大國指向と小國指向の中庸を目指す中道戰略なるものを目指すべきではないかと提唱してゐたのである。

 その話にはどうも聽いてゐる人が特段反對してゐないやうに思へた素振りだつたが、私にはどうにも不可思議なことがあつたので、その人に「話に中道とあるのですが、一體全體何を基準として中道とみるのでせうか」と質問した、相手はポカンとした表情なので、下手な譬喩で再度「その戰略の中間だといふ『北極星』や『メートル原器』は何處なのですか」と尋ねたのである。

 相手は困惑した表情で基準などは表現するのが難しいと囘答し、周圍もそれに同調し、あまつさえそのやうなものは無いと斷言したり、状況次第ではないかと附け加へたのである。時間も押し迫り議論する時間は無いため、その話はそれまでとなつてしまつたが、私はどうにも腑に落ちないままであつた。

 それは状況次第で基準が變はるやうなものを前提などしてゐるならば、そもそも『中道戰略』などど云ふ大層な名を附けるなど欺瞞でしかなく、それには「場當り的」や「御都合主義」といふ名稱が相応しいものでしかないのではと考へるからである。

 常々思ふのであるが、私はこの手の「国家百年の計」なる構想がかくも杜撰な言葉遣いで語られるのを怪しむのである。曰く言い難しとは言うけれども余りにその言葉を安易に遣ふやうになれば、それは怠惰以外の何物でもないものでしかなく、その怠慢は自己欺瞞と自堕落な思考により己を無残にするしかないと考えるばかりである。

[edit]

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。