05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

或る偏屈漢の異見(続・大阪「狂」想曲)  

今回は正月早々に触れた話題の続きともなるし、また同じことの話をすることになると思うが、つれづれなるままに書いてみたいと思う。いつもの前置きながら、政治意識の高い人やら改革への信念の人やら政治リテラシーの高い人などは読んでも無駄なので、御引取願う次第である。

数日前、大阪の橋下氏が国政に参与するため、政治方針なるものを打ち出したのはまだ御記憶の人もいるかもしれない。巷では「船中八策」など称して意気軒昂なる模様である。関東在住の赤の他人の目から見ると馬鹿に大騒ぎしているなとすら思える景色でもある。

しかし、どうにも不可思議なことが起きているとしか言いようのないことである。私は短いながらも数十年生きていて、少なくても一つの確信をいだいていることの一つが、世の中において片手間仕事なるものは、どうしたって上手くはいかないという単純極まりないものである。どんなに才能があろうと、人は時間だけは残念ながらどうにも出来ない代物であり、それをどうにかしてみせると嘯く手合いなど私は信用していない。そういう手合いというのは結局どこかで無茶をやらかすか、無理を他にシワ寄せすることしかしないのが現実の姿なのは仕事をしていく上で、嫌というほど見せつけられた姿であったからである。

それが何故か大阪維新の会という「ローカルパーティ」と称する地域政党が国政に乗り出すと橋下氏が宣言するのを聞いて呆れてしまった。一体全体彼にとって「大阪都構想」なるものを片手間仕事と思っているのか、それとも国政を片手間仕事と思っているかはわからないが、はっきりいって自滅行為以外の何物でもないだろう。大阪再生という仕事は私のような素人でも生涯を掛けるくらいの大仕事だと見当は突く、そのために地域政党を立ち上げて人材を集め、そこで知恵の出しあいと、大阪再生の仕事を行う実施面での供給を行い、その組織の自力と実績を付けていくのは健全な考えだと思わされる。

だが、国政に参加するとなれば折角の大阪再生の仕事のエネルギーはどんな美辞麗句で飾り立てたところで分散するのは避けられないし、僅か1年半程度の期限で国政に参加して成果が挙げられるほど強固な実績や組織があるわけでもない大阪維新の会で真っ当な国政が出来ると期待するのは土台無理でもあるし、何より大阪再生を目的に参集した人々に対しては、当初の目的から逸脱したことを橋下氏がどう道理を立てるのかサッパリ理解できないのである。

橋下氏を支持する人たちは、既成政党組織が二進も三進もいかないことから「エネルギー」に溢れる彼に期待をしているというのが現状であると私は見ているのであるが、目標が分散したりベクトルがはっきりしないエネルギーというのは残念ながら無意味に等しいものでしかない。大阪再生を望むならば今の橋下氏の「大阪から日本へ」や「小異を捨てて大同に就く」に式の号令によりこのまま政治運動に突入するのではなく、どうしても片手間仕事になる危険なる考え方を謝絶して、大阪維新の会を地域政党として地固めするように完全に組織を別にするのが、真っ当ではないかと偏屈漢なる私は考えるのである。

スポンサーサイト

テーマ: おもうこと

ジャンル: ブログ

[edit]

« 或る偏屈漢の異見(夢と鏡)  |  読書録其の32-5(自由の扱い難さについて5) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cosandou.blog100.fc2.com/tb.php/78-ff8b2ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。