04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

読書録番外編(独断と偏見の「戦争論」の読み方)  

先日のことですが、レイモン・アロン『戦争を考える』を一読しまして、大いに啓発されるところがあり、わたくしなりに幾度か読んだクラウゼビィッツの『戦争論』についての読み方を暫定ながらまとめてみようと考えてここにそのノートを書き連ねる。

私なりに『戦争論』を読むにはいくつかの段階を経た方がよいように考えている。まず一番目になすことは数多ある解説書などは一切読まずに、『戦争論』(勿論邦訳で良いが邦訳者の解説も飛ばすことを忘れずに)を一読してみると良いと考える。この段階で「戦争論を理解した」などど言う人が多いが、わたくしの経験ではそれは誤解と誤謬の最たるものだと判断して差し支えない。第一・八編とその間の編の溝に気付かないで済ませるわけにはいかないし、また間の第二~七編にしてもどうも戦術と戦略を用いた説明にしても何か違和感を覚えないではいられないからである。

この疑問については、前者は「戦争と政治の関係の曖昧さ」と後者「戦争におけるその様々な軍事思考水準の整理不足」によるものだと理解している。まず後者については、片岡徹也『軍事の事典』が近年における名著でありhttp://cosandou.blog100.fc2.com/blog-entry-2.htmlをこの書を精読されると図形問題に取組む際に至便な補助線を与えられるような感じとなる。この段階で再度『戦争論』を再読すれば第二~七編の概念上の混乱を大きく減殺され、その記述の興味深い点が露わになると考えれられる。ただしこの段階で注意が必要なのが一点ばかりある。それは以下に挙げるようなカモン氏のような理解をした場合である。

彼の作品は、『法の精神』とまったく同じ性質のものであり、一気に呑み込もうとしても駄目で、書かれているがままに断章ごとに考察しなければならない諸理念の驚くべき積み重ねである。(レイモン・アロン『戦争を考える』p.458)

残念ながら『戦争論』は著者が本格構成を成し遂げる前に死亡しているが、その段階であっても一冊の構成された書物として著されたものであり、間違っても「格言集」の類ではないことだけは頭に入れておく必要がある。その思考の礎ともなっているのが第一・八編であるので、第二の再読段階ではこの点を頭に入れて『戦争論』読むと興味深い記述を見出すことができるであろうと考える。

そして、「戦争と政治の関係の曖昧さ」であるが、クラウゼビィッツの念頭にある政治とは、ある共同体のなかのあらゆる人々の利害関係の管理者としての政治を前提としている点ということである。これをより良く掴むためには、わたくしにはガエダーノ・モスカ『支配する階級』が恰好の書であり一読されると、管理者としての政治という意味を深く理解することができると考えている。そしてその見地をよりよく理解した段階で『戦争論』を再々読することが適えば「戦争とは他の手段をもってする政治の継続である」という有名な言葉の意味を漸く理解できるようになるのではないかと考える。

蛇足ながら理解がこの段階に達することができた人は、巷の文民(現役軍人と宗教者を除く)がクラウゼビィッツを振り回して「政治に軍事は従属する」と得意気に説教する姿を見るのが苦痛になるのではないかと愚考する。クラウゼビィッツの考えを究極につきつめていけば総ての政治行為の自由と責任は文民側にあるということであり、その共同体の愚行も失敗も錯誤も、はたまた滅亡までをも含めて総て文民側が担わなければならない責任なのである。そして今の我国でもそうであるが、デモクラシーの世では、これは国民自身がその任務を引受けたことを意味するのであって。戦争や軍事に無知を振りかざして平和なる言葉を連呼して安楽椅子に座ることなど到底おぼつかないということを、嫌でも自覚させられるのがクラウゼビィッツの『戦争論』という書物なのである。
スポンサーサイト

テーマ: 読書メモ

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 読書録其の31―4(生物としてのヒトと人間としての人_4)  |  読書録其の31―3(生物としてのヒトと人間としての人_3)  »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cosandou.blog100.fc2.com/tb.php/64-98f016bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。