09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

備忘録4(不可解なる状況に関しての一考察-其の2)  

前回から3月程時間が経過する不精振りを実感させられるところでありますが、続きを書いていきます。

(※):私注となります。

・(※8/15の玉音放送後のころ)私にとっては、まさに内憂外患でありましたが、電報を打たせたあと、航空士官学校叛乱のことを、隊司令部と直属上官にあたる浦和地区憲兵隊長に電話で報告したところ、宮城で玉音盤を奪取しようとする事件があったことと、森師団長閣下などが殺されたことを聞かされたのであります。(※略)ところで、その電話で、「犯人は航空士官学校の大尉である。至急調査するように」と命ぜられました。(※略)上原という姓までは、電話では出なかったように思います。航空士官学校の一大尉、と聞いた記憶がございます。時間でございますか。そうですね午後四時ごろでございましたでしょうか。近衛師団長が殺害されたという情報が隊司令部にはいったのが午前二時ごろ(※!)で、現場確認のためにのため伊藤憲兵中尉を急派した、と塚本さんは言っておられます。(P.267)

・逮捕すれば、陸軍刑法も軍法会議もまだ存続していますので、死刑はまちがいないでしょう。(P.270)

・私(※柄沢氏)は、すぐに(※8/16午前9時頃に上原大尉に師団長殺害の確認後)、九段の憲兵隊司令部に側車を飛ばし、塚本参謀にお会いしました。塚本さんは、椎崎中佐、畑中少佐、上原大尉のことをすでに知っておられました。陸軍省の人たちも皆知っているよ、と申されました。そうでしょうね、井田さんの口から出たのでしょう。塚本さんは井田さんを以前からよく知っておられ、軍事課長の荒尾大佐に、井田は死ななくてもよいのでは、と話されたりしておられます。お二人(※荒尾と塚本)で相談された結果、十七日に井田さんの身柄を陸軍省から塚本さんが引き取り、適当な場所で十分に考える時間を与えることに決まったようです。(※略)意見をきかれました私は、逮捕するには忍びないから、可哀相ですが腹を切らせるのが上原大尉の名誉のためにもよいのではないか、と答えました。塚本さんは、うなずかれました。ところで、憲兵が腹を切ることをすすめたりはできません。自殺関与罪という刑罰もあります。(P.271)
→最後の一文が最も重要な部分である。私が終戦時の事件が「一青年将校の暴走」という話を完全に信じられなくなった部分である。憲兵隊が法律違反を承知で事件の揉消(当時、唯一の実行現場にいた被疑者に取調べもせずに口封じ同然の自決を勧告するのはこれ以外に表現のしようが無い)を行い、尚且つその責任を現地憲兵将校のイニシアチブに見える外観を与える手口といい、司法組織としては余りに異常な事だからである。

・翌十七日、私(※柄沢氏)はまた校長室に行きました。上原大尉が自決された十九日まで、毎日校長室に詰めきり、夜明けになって帰隊するといったくり返しでした。(※略)十七日の夜も空け、そして、十八日の夜になりましたが、上原大尉はまだ腹を切りませんでした。荒武大尉を呼び、まだかとたずねました。(PP.273~274)
→このやり方は明らかに上官からの「命令」執行の見届け及び報告義務を待つ初級士官の姿勢である。


著者の飯尾氏の関心は上原大尉が師団長殺害の直接実行者としての確証を得ることを目的としているため、あまり気にしていない部分がある。それは上原大尉の自決日を何故に中央側だと8/16日としているのかという点である。当初として私も筆者と同様に8/16と8/19の差をそれほど重視していなかったのだが、もしかするとこの日付のズレこそが「宮城クーデター事件」の見直しを迫る鍵となるのではないかと考えているのである。この私なりの仮説を次回から述べてゆきます。
スポンサーサイト

テーマ: 読書ノウト

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 読書録其の30―1(英国海軍思想の我国の知られざる山脈)  |  読書録其の29(戦場報道の一幕を覗く) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cosandou.blog100.fc2.com/tb.php/46-0213affa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。