07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

呟き(ある偏見持ちの偏向意見) 

今回の尖閣諸島での「臨検」ビデオ流失について自分なりに思うことがあり、ここにつらつらと書き連ねてみたいとおもいます。

さて、題名にあるように私の偏見なるものを列挙してみましょう。
・現民主党政権に批判する立場(基本として自民党支持者)
・沿岸警備を司る海上保安庁に対しては、予算や権限の増勢を支持
・共産・社会主義思想には反対
・「臨検」ビデオを公開するべきだという立場
・共産中国との連携には懐疑の立場

上記のように吾身に大きな偏見を保持するものなのですので、とても「中立公平」なる立場を称することができない身の上ではありまして、その偏見持ちが今回の「臨検ビデオ流失事件」について意見なるものを述べてみたいと思います。

まずはじめに私は今回のこのビデオを流失した海上保安庁の職員(内部の人間だと偏見をもっています)は断固として摘発するという組織としてのケジメをつけるとともに、この事態の真相究明をしなければならないということであります。なぜならば海上保安庁というのは司法の領域に属した公権力を行使出来る組織になります。その司法に属する人間が恣意による「政治判断」を行うことなどが許されてしまえば、法の基盤たる公正さを破壊することに繋がりますし、何より普段真面目に職務をしている人々の行為が恣意により行われているという誣告を受けることにもなるからです。

ほんの2ヶ月にもならぬ前に、司法の公権力を行使する沖縄検察庁なるところで「政治判断」という恣意を発揮するという、彼らの司法に対する自殺行為に対して憤りかつ批判した吾身が、政治判断上自己に都合が良いからといって今回の海上保安庁の職員である彼または彼女の行為を「国士」や「国益に鑑みて」などど喝采することなど、畢竟、自分が最も嫌うはずの破廉恥漢に堕することにしかならないと考えております。
スポンサーサイト

テーマ: 気になったニュース

ジャンル: ニュース

[edit]

« 読書録其の29(戦場報道の一幕を覗く)  |  読書録其の28(『戦略』の入門指南書その二) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cosandou.blog100.fc2.com/tb.php/45-f8ad1f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。