09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

読書録其の11(ある新品士官による解剖記其の一) 

書名:私の中の日本軍 上巻
著者:山本七平
出版社:文芸春秋(文春文庫)
価格:(金514円+消費税)
刊行年:平成17(西暦2005)年 第10刷

著者はもう既に故人でもあるのですが、いつも読むたびに内容の古びない事に対して、私が心中恐れを抱かせる人物だと考えさせられる人であります。今回は当時の日本軍の常識を淡々として描くというある意味空恐ろしい記録の一端を紹介してゆきます。

※():私注となります。

・「捕虜を大切にする」という言葉には、普通の人が考えるような「人道的」な意味はあまりない。捕虜とは非常に重要な情報源なのである。戦場では敵情を正確に知ることが何より大切だから、捕虜は「非常に大切なもの」であるにすぎない。捕虜の首を切って、せっかく入手した情報源を自分の手でつぶすような愚行は、日本軍でも、戦後の"通説"のようには行われていない。(P.18)

・従って捕虜になったら、巧みに相手に誤れる情報を与え、同時に相手から巧みにその実情をさぐりだし、隙を見て逃亡するというのが、外国における「捕虜心得」の第一条らしいが、この心得は日本軍にはなかったし、赤軍派にもないらしい。(PP.18~19)

・そしてこの起床に始まり就寝で終る一日のすべてが、命令と規則のみで行われ、常に監視されつづけていた。規則もつまるところ「軍隊内務令」その他に基づく命令であるから、一切は命令であり、「私的」といいうることは皆無である。(中略)すべて命令であるから、「私的」即「不法」であるといってよい。従って「私的制裁」すなわち「勝手に兵が兵を制裁すること」は「軍紀紊乱」であり、厳しく禁じられていたのは当然である。(PP.22~23)
→日本軍の「私」という言葉の遣い方が、漢籍の意味と同じだったと漸く合点できた。

・(※軍隊内のリンチについての反応)第二に、管理者がこれをどうすることもできなかったこと。第三に、発覚しそうになれば管理者がこれを隠してしまい、そういうことへの捜査や摘発に絶対に協力しなかっただけではなく、実際は妨害したこと。第四に、管理者の中には内心リンチは必要悪だとする者がおり、妙な理屈、たとえば「リンチはよくないが、リンチをされる側にも、そういうことを誘発する良からぬ点があるのだからリンチそのものを問題にするのは誤りで、この点を除去すればリンチは自然になくなる」といった言い方で、問題の焦点をわざとはぐらかしてしまう者が必ずいたこと。第五に、「戦争だから」(「革命だから」も同じだろうが)これくらいのことは「しゃーないやないすか」と肯定するものがいたことであろう。このうち第四の「される方にも・・・・・・良からぬ点がある」というのは、される方に非違行為があったから仕方ないという意味ではない。いわゆる市民的常識や市民的感情のことを、軍隊では「地方気分」といい、「テメエら、まだ地方気分が抜けトランゾ」ということが私的制裁の大きな理由の一つで、この「地方気分」が抜けきっていないことにリンチされる原因があることも事実なのだから、リンチだけを取り上げてこれを禁止しても問題解決にはならない、といった意味である。(PP.34~35)
→今でも我国の集団組織では必ず起る問題点に繋がる描写で、集団暴行や傷害という事態を「イジメ」なる言葉にしてしまう点、「問題発生」という事態そのものを管理者責任にしてしまうための、事件そのものを悪化させてしまう隠蔽行動に走る点、無自覚な因果律による被害者側のあら捜しを開始してしまう周囲というのが余りにも変わっていないことを嫌でも自覚させられる。

・第一、軍隊の底辺にいた人々は、初年兵の前に立って、一応論理的な筋道の通っている説教をし、総括を命じ、かつ制裁を加えるなどという能力はなかったのである。(P.41)
→こうした「当たり前」のことを自分は自覚していないのではないかといつも考えさせられる。

・日本という学歴社会およびそこから生み出されたインテリは、口では何といおうと、実際には労働者や農民を蔑視している。彼らが口にし尊重する「労働者・農民」は、一種の集合名詞乃至は抽象名詞にすぎない。これは昔もおなじで、当時の新聞や御用評論家がいかに「軍」や「軍人」をもちあげようと、それは「軍」「軍人」という一種の集合名詞・抽象名詞を拝跪しているのであって、この軍という膨大な組織の最末端に現実に存在する最下級の「職業軍人」すなわち下士官は、現実には、徹底的に無視され嫌悪され差別され軽蔑されていた。(PP.62~63)

・簡単にいえば、まず日本軍に和姦という概念が存在しない。住民と「情を通じて」問題になれば、すべて強姦事件であって、軍の慰安所以外の性行為はすべて違法である(P.88)

・実際、このイロケぐらい、兵士にも下級幹部にも耐えられないものはなかった。「一生懸命やっております」「大いに成績をあげております」というジェスチャーのため、全く無駄な重労働を部下に強いる。兵士は、そんなことはすぐに見抜いてしまうから、余計に耐えられない。(P.113)

・従ってそういった行為はことごとく「作戦の一環トシテノ宣撫工作」として行われているのであって、人道的見地から行われるのではない。従ってこういう点を取りあげて「日本軍の人道的美談」を創作する人がいたら、それは、「百人斬り」を事実だと主張すると同様の嘘である。(P.128)

・ただ笑っている捕虜たちの写真はあまり信用しなかった。人間は、銃剣をつきつけて「笑えッ」といわれれば笑うものだということぐらいは知っていたからである。私は今でも、ある種の国の、民衆や子供の笑い顔を載せた宣伝写真を信用しない。笑い顔を宣伝に使うこと自体が、実に暗いことだからである。この捕虜たちだって、「笑え」と命ぜられているかも知れないし、笑わされた後で全員射殺されているかも知れない。そんなことはだれにもわからない。(P.155)

・恥ずべきことがあるとすれば、敵弾のまっただ中にいたような顔をしながら、観測も測角もせず、デタラメの諸元を報告することだろう。そんなことをしたら、指揮官は判断を誤り、砲弾は友軍の頭上に落ち、味方を殺す。新聞記者も同じだろう。報道とは国民への報告だとう。いい加減な報道をすれば、国民は戦争にも戦場の実体にも判断を誤る。(中略)従って真に恥ずべきことがあるとしたら、それは、銃弾の飛来する砲側にいたような嘘八百を並べることである。一体なぜそういうことになるのか。これがすなわち、当時いたると所に蟠踞していた人間の一つの見本であって、何かを報道するのでなく、自分を誇示し、前線で「軍人以上に軍人らしく振舞っていた」ように自分を見せようという欲求しかない人間の姿なのである。(PP.180~181)
→戦後は「平和」という名のもとに同じ行動をする御仁が蟠踞するという相変わらずさを嫌でも痛感させられる。

・(2・26事件の片倉少佐と磯部大尉の交渉を指す)この交渉の顛末を解説した本の多くは、少しピントがはずれているように私には思われる。彼らは、私的盟約に基づいて兵を動かした、しかし、そう言われたらそれですべてがおしまいなのである。そこで、その一言を口にした者は全部を言わせず射殺しようとする。(P.217)
→「8・15事件」の際に関係者が何を一番恐れたのかの理解する重要な補助線となるように思う。

これ以上はただただ長くなるのでこの辺りとしますが、内容は裨益することが多い著作だと思いますので、もし興味を抱かれた人がおりましたら是非一読されることをお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ: 紹介したい本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 読書録其の12(ある新品士官による解剖記其の二)  |  呟き(『マグロ採決』についての一考) »

この記事に対するコメント

はじめまして

はじめまして、二等兵と申します。別宮先生のHPに時々書き込みしてます。
あまり、コメントがないようないで、僭越ながら書き込みます。

この本は私も読みました。今も文庫版持ってます。山本先生勉強になります。
枯山様のご指摘の通りです。私が初めて、読んだのは今から30年以上前の
初出の「週刊朝日」の連載時です。当時まだ大学生でした。

その後、単行本となり文庫になったのを機会に購入しました。私的制裁・イジメ
の主役はインテリエリートであるとの指摘にはハットさせられたものです。

私もその後、社会人となり、そのことを実感しました。今このブログの順番に読んで
ます。勉強になります。よろしくお願いします。

二等兵 #- | URL | 2010/03/29 19:34 * edit *

Re: はじめまして

二等兵様

このような辺鄙なところに来ていただき誠にありがとうございます。私が山本七平氏を知ったのは、今から十数年前の大学生時代に文庫版の『日本人とは何か』を読んだのが、はじまりだったと覚えております。

その論立てや指摘などが興味深かったので、他の書籍も読んでみると常に考えさせられるような文体と内容に魅せられてしまい、只今においても知らず知らずのうちに大きな影響を受けている人物でもあります。

サイトの更新速度は亀の歩みなので、時折気軽に覗いていただけましたら幸甚に存じます。

林 枯山 #- | URL | 2010/03/30 22:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cosandou.blog100.fc2.com/tb.php/19-984c0130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。