04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

呟き(「合理主義」とはなんぞ?) 

次回は第20回目となる読書録の前に閑話休題をはさみます。それで題名がいきなりぼんやりとしておるわけですが、何故この題目になったかと申しますと、私の趣味で戦史をかじっておりますと「合理主義に基づいた」とか「とある将軍は合理的な思考をもとに」などの表現が何らの前置きも無く良い意味として無意識に使われていることに、私にはなんとなく胡散臭い言葉遣いと20代も半ばを過ぎると悶々と考えるようになりました。

それから月日が流れて縁からある自衛官殿と面識を持ち、この「合理主義」なるものは一体全体何ぞやという問答を行いました。以下から話すのはその内容を、私が脳内で編集した「熊さん八さん」形式であらわしたものです。

※自衛官殿は宗匠、私は枯山で表記をしております。

枯山:宗匠、どうも私には巷で良く聞くゴウリシュギとかゴウリテキとか言われてもいまひとつピンと来ないもので、かえって胡散臭いことと感じてしまうのですが、これは一体どういうことですかね。
宗匠:ふむ、それはおそらくその合理主義の人達が合理となる前提を省いてしまっているためではないですかな。
枯山:というと?
宗匠:例えば、枯山さんは「天動説」というのをご存知ですか?
枯山:ええと、地球を中心に各天体が動いているというあの理論ですか。
宗匠:そうです、その天動説ですが「地球を中心として各天体が運動しているという」前提からみると非常に「合理」性を持った理論体系となっているのです。
枯山:あの天体が時折順逆運動を行うというような理論に合理性があるのですか?
宗匠:そうです、先程話した論理の大前提からは実に詳細に「理に適った」ものでした。
枯山:そうすると、「合理」といってもそれが直接正しさに結びつくことはないと。
宗匠:端的に申せばそういうことです。そして、我国における議論には往々にしてある論理体系における大前提を無視、もしくは忘れて、「合理主義」や「合理的」なる言葉で自説の証明が出来たと誤解されている人を御見受けします。
枯山:なるほど、ゴウリだけで肝心要の前提がないもんだから空中楼閣となるわけで、そういうゴウリシュギシャが胡散臭い雰囲気を発するのはそういった理由なのだとようやく得心できました。

以上の内容は、あくまで私の力量で把握できるだけの内容なので、文章ならびその内容についての責任は総て私自身のものであるとは申すまでもございません。
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

[edit]

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。