11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

読書録その1 

このブログではじめてとりあげますのは、以下になります。
書名:戦争における「人殺し」の心理学
著者:デーヴ・グロスマン(安原和見訳)
出版社:ちくま学芸文庫

題名はなかなか刺激を含んでいますが、一読されるともっと刺激のある
内容だと理解できる著作でもあります。

・第二次大戦後に行われたマーシャルの研究において、接近戦まで経験
した中隊を調査した結果で、僅か15~20%程度しか発砲する兵士達が、
訓練法が改善されたベトナムでは90%以上に増加した事。
・戦闘に参加した兵士は、自己の受傷や死よりも自己のミスで仲間の誰か
が死傷することに不安と恐れを抱く事。
・練兵係軍曹(ドリル・インストラクター)は、戦場で自身に銃が突きつけ
られるという、明確なる憎悪を向けられた際に混乱しないための一種の
予防接種をおこなっているという事。
・戦時宣伝とは、相手を同じ「人間」と見做さないようにする事が何故に
頻繁に行われるかといえば、戦場での兵士が抽象化された「敵」に対して
引金を引くことをためらわせないため手法だという事。
・戦場で相手を殺す事は、やはり大部分の兵士にとっては重い精神負担
となる可能性が高いので、彼等を送り出した社会は彼等の行為を肯定し
受容する務めがあるという事。

上記以外にも、戦闘面から見た戦場についての興味深い考察が満ちて
います。私が中でも印象深かったのが、ベトナム戦争において米国が
戦地に多くの将兵を務めを果たす為に送り出しながら、その社会が一方
で帰還した兵士に対し、あろうことか空港で唾を吐きかけるという残酷
な行為をするところに慨嘆するとともに、我国が第二次大戦後の将兵に
対して同じような残酷な行為をしたのではないかと、考えさせられる
著作でもあります。

テーマ: 紹介したい本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。