03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

呟き(総てを現場に投げる前に) 

趣味でかつての日米戦争の戦史を紐解いていると、いまでも論争のタネとなっていることの一つに昭和19年のレイテ沖海戦における『栗田艦隊の反転』があります。私はあまり詳しくないのですが漠然とレイテ湾を目前にして撤退してしまった責任は栗田提督だと思い込んでおりました。ところが池田清『海軍と日本』を読了した後は、確かに現場における責任者は栗田提督であることは動かないのですが、捷号作戦として眺めた場合には軍令部(大本営海軍部)と聨合艦隊司令部が、現地部隊に対して作戦目標の優先順位変換を徹底出来ないという致命錯誤を犯していたことを知ると、問題は大きく異なってくるのではないかと考えるようになりました。

極端な話ではありますが、当時の海軍の優先目標の価値観は「軍艦> ||(超えられない壁) >輸送艦」というものであり、これを何十年と任務を通じて常に認識の強化を図っていたのは何も栗田提督だけでなく、海軍人ならばこの前提を当たり前としていました。この価値観については後世を知る者には議論の余地はあるでしょうが、当時の我国の海軍人がこうした基本思考形態を有していたという事実なのです。そうした認識を把持していた海軍人に対していきなり「軍艦ではなく攻略部隊を載せた輸送船を攻撃せよ」という作戦や命令というのは、彼等に対して基本思考形態(パラダイムシフト)そのものを変える性質をもったものなのです。

卑近な例ではありますが自分自身のシステム開発の経験でも、システムの基本部分を変更するというのは大きな摩擦が生じるものです。何故ならば、システムの基本部分を変更するということは、そこに付随する多くの開発ノウハウや運用実績並びにプロジェクト管理の見積数値等を放棄しなければならなくなるからです。これらがないということは事実上仕事を一からやり直すということになりますので、職場での抵抗は当然ながら高いものとなります。こうした状況に海軍は捷号作戦のときになっていたとは容易に想像できますが、では此の時に海軍軍令部並びに聨合艦隊司令部の行った「現場への指示」はといえば昭和19年8月10日のマニラで行われた会議と10月18日の電報での命令を行ったというものです。しかも現地会議では栗田艦隊の小柳参謀長は、「輸送船団と敵主力艦隊」の撃滅の最終優先順位を主力艦隊とする事に対して、聨合艦隊の神参謀が了承するというもので、はっきりいえば現場への意図の徹底など望むべくもない状態だと察することができます。

そして作戦決行時に電報を送ったとありますが、これは正直上層部の「イロケ」にしかならない行為だと考えています。もし軍令部と聨合艦隊司令部が本気でパラダイムシフトを行いたいのであれば、現地の司令部と綿密な打合わせを行い、「輸送船団攻撃>敵主力艦隊」という作戦意図を現地軍に伝えるのは最低限でも必要として、輸送船団に対する「効率的な撃滅方法」の訓練方法や装備の手当ても是非とも行わなければならないはずだと愚考するのですが、そうした努力は見られず「現場が臨機応変にやれないのが悪い」というのは性質の悪い冗談にしか聞えませんが、あまりこうした「意図を現場に伝える意志」が薄い上層部に対して大きな問題だと捉えないのは何故なのかと疑問に思ってしまいます。
スポンサーサイト

テーマ: 雑記

ジャンル: ブログ

[edit]

« 読書録其の25(『援助』を振返る)  |  読書録其の24(法と責任の摩擦) »

この記事に対するコメント

No title

学研の、
『[決定版]太平洋戦争 第⑦巻 「比島決戦」フィリピンをめぐる陸海空の死闘』
http://rekigun.net/published/details/pacific2-02.html#4056059543

は、ご覧になりましたか?

片岡徹也が、米軍による評価の傾向を踏まえて同様の視点で書いています。

MUTI #wkggCOKE | URL | 2010/08/03 20:24 * edit *

Re: No title

MUTIさま

ご返信が遅れまして申しわけございません。
ご紹介の雑誌の片岡氏の記事を改めて確認しましたところ、該当記事に自分で書込みがしてあったので、私の書込みが片岡氏の記事内容を踏襲したのだと考えております。ただ、海軍の池田氏のような人でも上層部の意図の伝達不充分を知りながら、それが作戦全体にどのような悪影響を与えたかについては重きを置かず「現場の栗田艦隊が臨機応変にやらないのが悪い」と安易に断言するところを見ると、問題の根は深いのではないのかと考えさせられてしまいます。

林 枯山 #- | URL | 2010/08/07 13:52 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cosandou.blog100.fc2.com/tb.php/37-6b5b7273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。